サピックスカレンダー

サピックスカレンダー 2017年4月

サピックスカレンダー(2017年04月)

東京大学創立記念日

1877年のこの日、東京開成学校と東京医学校が一つに統合され、日本で初めての近代的な大学である東京大学が誕生しました。ちなみに、毎年この日の前後に東京大学の入学式が日本武道館で行われています。今年は12日に実施される予定です。

アースデー

1970年のこの日、アメリカのゲイロード・ネルソン上院議員が市民に呼び掛け、地球環境を考える集会を開催しました。ネルソン氏はこの日を「アースデー」と宣言し、地球環境を考え、行動する日として、全米中に広まりました。1990年のアースデーは世界中に呼び掛けられ、日本でも初めてイベントを開催。それ以降、ごみ拾い、環境に優しい「食」の出店、手作り体験など、さまざまなイベントが全国各地で行われています。

世界図書・著作権デー

1995年、国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)によって制定された国際デーの一つで、読書・出版・著作権保護の促進を目的として定められました。また、2001年度から、ユネスコと書籍に関連する出版社、書店、図書館の国際組織は、各都市が提案した書籍・読書に関するプログラムを評価し、「世界本の首都」を選定しています。2017年度はコナクリ(ギニア共和国)が選ばれ、この日から、翌年4月22日まで「世界本の首都」と称することになります。ちなみに3日後の4月26日は、同じく著作権を含む知的財産権に関する国際デーの一つ、「世界知的所有権の日」です。

昭和の日

ゴールデンウィークを構成する祝日の一つでもあるこの日は、「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」ための日として制定されました。この日はもともと昭和天皇の誕生日で、1949年から1988年までは「天皇誕生日」でしたが、1989年の1月に昭和天皇が亡くなり、この年からは新しく即位した現在の天皇の誕生日(12月23日)が天皇誕生日となりました。しかし、4月29日の休日を含め、ゴールデンウィーク(大型連休)が国民生活に浸透していたことから、昭和天皇が植物をはじめ自然を愛されていたこともあり、この日を「みどりの日」として祝日のまま残しました。その後、2005年の祝日法の改正によって、2007年より、これまで「国民の休日」だった5月4日に「みどりの日」を移す一方、4月29日を「昭和の日」としました。

サピックスカレンダー 2017年3月

サピックスカレンダー(2017年03月)

東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)

2011年3月11日14時46分、岩手県沖から茨城県沖までを震源域とするマグニチュード9.0の「東北地方太平洋沖地震」が発生しました。この直後、地震による巨大な津波によって、東北地方から関東地方にかけての太平洋沿岸は壊滅的な被害を受けました。この東日本大震災による直接の死者・行方不明者数は岩手・宮城・福島の3県を中心に、1万8000人以上に上っています。この地震の際は、東京でも、震度5弱~5強の揺れを記録。その影響で首都圏の鉄道が止まり、鉄道を利用して通勤・通学している人たちの多くが一時、帰宅できなくなりました。また、地震とそれに伴う津波により、東京電力の福島第一原子力発電所で重大な事故も発生。大量の放射性物質が外部に放出され、福島県を中心に、東北地方から関東地方にかけて広い地域が汚染されてしまいました。放射線量は徐々に低下しつつありますが、現在も福島第一原発のある大熊町と双葉町を中心に、住むことのできない地域が残されています。

上野動物園開園記念日

1882年のこの日、東京・上野に日本初の動物園として、上野動物園が開園しました。正式名称は東京都恩賜上野動物園。最初は農商務省所管の博物館(現在の東京国立博物館)の付属施設として、上野公園の一角に開設されました。その後、1886年に宮内省(現在の宮内庁)に移管。1924年には、当時、皇太子だった昭和天皇のご成婚を記念して、東京市(現在の東京都)に下賜されました。ちなみに上野動物園では現在、約400種3000点の動物を飼育するとともに、希少動物の保護繁殖を通じた種の保存と、それを支える調査・研究活動を行っています。

世界気象デー

1950年のこの日、世界気象機関条約が発効し、WMO(世界気象機関)が発足しました。スイスのジュネーブに本部を置くWMOは、加盟各国の気象観測網を整備し、得られたデータを迅速に交換するための組織の確立と維持を担っています。加盟国は2016年3月現在、185か国・6領域。日本は1953年9月10日に加盟しました。