サピックスカレンダー

サピックスカレンダー 2022年10月

サピックスカレンダー(2022年10月)

スポーツの日

1964年10月10日、アジアで初のオリンピックとなった東京オリンピックの開会式が、東京都新宿区の旧国立競技場(正式名:国立霞ヶ丘陸上競技場)で行われました。これを記念して、1966年から、この日は「体育の日」として祝日となりました。その後、1998年の祝日法の改正により、ハッピーマンデー制度が導入されたため、2000年からは10月の第2月曜日が「体育の日」となりました。さらに、2018年6月に改正祝日法が成立し、2020年から「体育の日」は「スポーツの日」に改められました。なお、2020年は2度目の東京オリンピックが開催される予定だったため、スポーツの日は開会式予定日の7月24日(金)に移動しました。延期になった東京オリンピックが開催された2021年も、スポーツの日は開会式当日の7月23日(金)に移動したため、今年は「スポーツの日」が初めて本来の10月の第2月曜日となりました。

鉄道の日

1872年のこの日、日本で最初の鉄道が開業しました。新橋駅(後の汐留貨物駅、現在は廃止)から横浜駅(現在のJR根岸線・桜木町駅)までの約29kmを53分かけて走行しました。ちなみに車両については、蒸気機関車・客車ともにイギリスから輸入したものを使用しました。

世界食料デー

今年7月に発表された国連の報告書によると、2021年の飢餓人口は8億2800万人で、世界の人口の約1割に当たります。この日は、世界の食料問題を考える日として、国連が制定した国際デーの一つです。世界中の人々が協力して、「すべての人に食料を」という目標を実現させ、世界に広がる栄養不良、飢餓、極度の貧困を解決していくことを目的としています。日本では10月が「世界食料デー」月間とされ、例年、国際機関やNGO・NPOが協力して、食料問題に関するさまざまなイベントを行っています。

国際連合の日

1945年のこの日、国際連合憲章が発効し、国際連合が正式に発足しました。その主な目的は、「全世界の平和を守る」「各国の間に友好関係をつくり上げる」「貧困などの問題が解決されるように、また人種、性、言語、宗教などによる差別なく、すべての人の権利と自由が尊重されるように、国際的に協力し合う」「各国がこれらの目的を達成するのを助けるための話し合いの場となる」ことの四つ。発足当初51か国だった加盟国は、現在は193か国に増えました。

サピックスカレンダー 2022年9月

サピックスカレンダー(2022年9月)

国民栄誉賞の日

1977年9月3日、通算本塁打数の世界記録(756本)を達成したプロ野球・読売ジャイアンツの王貞治選手をたたえるために、福田赳夫内閣が国民栄誉賞を創設。記録達成2日後の9月5日に授与しました。国民栄誉賞の目的は「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があった者について、その栄誉を讃えること」と規定されており、これまでに26人と1団体に授与されています。その1団体とは、2011年にドイツで行われたサッカー女子ワールドカップで初優勝した日本代表選手団「なでしこジャパン」。また、最近では、2018年の平昌(ピョンチャン)オリンピックのフィギュアスケート男子で優勝し、男子シングル種目で66年ぶりとなる2連覇を達成した羽生結弦選手に授与されています。

アメリカで同時多発テロが発生

2001年9月11日、アメリカの各都市の空港から飛び立った4機の国内線旅客機がほぼ同時にハイジャックされ、そのうち2機がニューヨークの世界貿易センタービルに、1機が首都ワシントンD.C.郊外にある国防総省の本部庁舎に突入するというテロ事件が発生しました(残る1機はペンシルベニア州ピッツバーグ郊外に墜落)。このテロ事件による犠牲者の数は約3000人。突入によって崩壊した世界貿易センタービルだけで約2600人が亡くなっており、そのなかには救助や消火に当たった消防士や警察官も含まれています。

国際平和デー(世界の停戦と非暴力の日)

「すべての国、すべての人々が共通の理想である平和を願い、それに向けて推進し、実践するための日」として、中央アメリカ南部のコスタリカの発案によって、1981年に国連総会で制定されました。当初、この日は、国連総会の通常会期の開会日である9月の第3火曜日と定められていましたが、2002年から9月21日に固定されました。また、この年から「世界の停戦と非暴力の日」としても定められるようになり、国連はすべての国と人々に、この日一日は敵対行為を停止するよう働きかけています。