サピックスカレンダー

サピックスカレンダー 2017年3月

サピックスカレンダー(2017年01月)

東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)

2011年3月11日14時46分、岩手県沖から茨城県沖までを震源域とするマグニチュード9.0の「東北地方太平洋沖地震」が発生しました。この直後、地震による巨大な津波によって、東北地方から関東地方にかけての太平洋沿岸は壊滅的な被害を受けました。この東日本大震災による直接の死者・行方不明者数は岩手・宮城・福島の3県を中心に、1万8000人以上に上っています。この地震の際は、東京でも、震度5弱~5強の揺れを記録。その影響で首都圏の鉄道が止まり、鉄道を利用して通勤・通学している人たちの多くが一時、帰宅できなくなりました。また、地震とそれに伴う津波により、東京電力の福島第一原子力発電所で重大な事故も発生。大量の放射性物質が外部に放出され、福島県を中心に、東北地方から関東地方にかけて広い地域が汚染されてしまいました。放射線量は徐々に低下しつつありますが、現在も福島第一原発のある大熊町と双葉町を中心に、住むことのできない地域が残されています。

上野動物園開園記念日

1882年のこの日、東京・上野に日本初の動物園として、上野動物園が開園しました。正式名称は東京都恩賜上野動物園。最初は農商務省所管の博物館(現在の東京国立博物館)の付属施設として、上野公園の一角に開設されました。その後、1886年に宮内省(現在の宮内庁)に移管。1924年には、当時、皇太子だった昭和天皇のご成婚を記念して、東京市(現在の東京都)に下賜されました。ちなみに上野動物園では現在、約400種3000点の動物を飼育するとともに、希少動物の保護繁殖を通じた種の保存と、それを支える調査・研究活動を行っています。

世界気象デー

1950年のこの日、世界気象機関条約が発効し、WMO(世界気象機関)が発足しました。スイスのジュネーブに本部を置くWMOは、加盟各国の気象観測網を整備し、得られたデータを迅速に交換するための組織の確立と維持を担っています。加盟国は2016年3月現在、185か国・6領域。日本は1953年9月10日に加盟しました。

サピックスカレンダー 2017年2月

サピックスカレンダー(2017年01月)

日本でテレビ放送が開始

1953年のこの日、NHK東京放送局が日本初のテレビの本放送を開始しました。放送当初の受信契約数は866台でした。その年の8月には日本テレビ、翌1954年3月にはNHKの大阪放送局と名古屋放送局、1955年4月にはラジオ東京(現:TBS)でもテレビ放送が開始されました。

海の安全祈念日

2001年2月9日午後1時45分(日本時間10日午前8時45分)、ハワイ・オアフ島の南約16㎞の沖合で、愛媛県立宇和島水産高校の実習船「えひめ丸」が、海中から浮上してきたアメリカの原子力潜水艦「グリーンビル」に衝突されて沈没。教官や生徒ら9名が亡くなるという事故が起こりました。この犠牲者を追悼する意を込めて、2003年に全国水産高等学校長協会によって、事故のあった2月10日が「海の安全祈念日」とされました。

普通選挙の日

普通選挙とは、財産(納税額)などによる投票資格の制限がない選挙形式のこと。日本では大正時代まで一定の金額以上の直接国税を納税しなければ選挙権を持つことはできませんでしたが、1925年に普通選挙法が成立。以後、納税額に関係なく、25歳以上の男性であれば投票できるようになりました。その普通選挙法に基づく最初の衆議院議員総選挙が行われたのが1928年2月20日です。なお、「20歳以上の男女」による選挙が行われるようになったのは、太平洋戦争が終わった翌年の1946年4月10日の衆議院議員総選挙からです。現在は「18歳以上の男女」に選挙権が与えられるようになり、国政選挙では2016年7月10日に行われた参議院議員通常選挙で初めて適用されました。

東京マラソン2017開催

2013年の大会からワールドマラソンメジャーズに加入し、世界の主要なマラソン大会の一つとなった東京マラソン。11回目となる今年の大会は、過去最多の32万1459人が応募。2月26日の大会当日は、一定以上の記録を持つ招待選手のほか、抽選で選ばれた約3万5500人が出場します。今大会から「東京のすばらしさを内外に一層アピールする」「記録を狙える高速コースにする」という理由でコースが変更され、東京都庁-飯田橋-神田-日本橋-浅草雷門-両国-門前仲町-銀座-高輪-日比谷-東京駅前のコースを走る予定です。なお、この大会は、8月にイギリスのロンドンで開催される世界陸上の男子マラソン代表選考会を兼ねています。