5年生のカリキュラム

基礎力の充実とともに、志望校を見極める。

5年生は、受験学年では欠かすことのできない確固とした基礎力をいっそう充実させる時期です。子どもたちも志望校に関心を示す時期ですから、それぞれの個性を大切に見守りながら志望校を見極めるようにします。また、子どもが志望校合格のための学習計画をスムーズに実践していけるように、きめ細かく指導しているのも特色です。入試に必要な思考力や直観力を同時に養っていきます。

教科別の指導方針・使用教材(5年生)

算数 (指導方針・使用教材)

算数を論理的に考え、入試問題の頻出分野の学習を進める。

使用教材 デイリーサピックス、デイリーサポート、基礎力トレーニング、基礎力定着テスト

5年生のカリキュラムまでで受験に必要な算数のほぼ全分野を習得することになります。4年生までに基本的な算数の発想を身につけてきましたし、ときには「ひらめき」で問題を解決したりするおもしろさも経験しました。しかし、5年生からは、論理的に考えることが重視されるようになってきます。それまでは、リンゴやお金というような具体的なもので考えてきましたが、これからは、それらのものを「記号」に置き換え、抽象的に思考する作業が要求されてくるのです。「割合」「比」「数の性質」「グラフの読み取り」など、入試問題で頻出の分野を学習します。問題演習が中心になる6年生でつまずかないためにも、しっかりと理解できるように授業を進めていきます。

国語 (指導方針・使用教材)

4年生の内容を発展させながら、客観的な視点での理解を深める。

使用教材 デイリーサピックス

4年生で学習した内容を、5年生ではさらに発展させていきます。4年生は物語文が中心でしたが、5年生では説明文や論説文、随筆文なども扱っていくことになります。物語文についても、大人向けの文章や大人の視点で描かれた子どもが登場する文章も扱っていきますので、「自分なら……」という発想だけでなく、客観的な視点を持つことが求められます。A授業の読解では、「読解のポイント」に関連した問題を演習していきます。また、毎回、正誤問題と文章の展開を確認する問題も取り上げています。これらの問題の演習を通じて、「精読」の重要性を学んでいきます。知識分野は、文法や語句についてさらに細かく体系的に学習していきます。B授業では扱う文章も複雑なものになります。A授業で学んだ「読解のポイント」を活用するとともに、講師のさまざまな発問によって、子どもにとって難しく感じる文章もスムーズに読み解けるようにしていきます。また、文章全体をふまえてまとめるような難易度の高い記述問題も扱います。講師は授業中にその場で添削してまわり、アドバイスをしていきます。添削と解説を繰り返すことによって記述力を養っていくとともに、「てんさく教室」では、答案をさらにきめ細かくチェックしていきます。

理科 (指導方針・使用教材)

暗記型の学習に偏らずにそれぞれの単元・分野の知識を整理する。

使用教材 デイリーサピックス、理科コアプラス

5年生までに、小学校理科の全履修範囲を学習します。植物や動物などの生物分野、力学や運動や電気などの物理分野、水溶液や気体や燃焼などの化学分野、気象や天体や地層などの地学分野など、学習する範囲が広く、進度も速くなります。その場限りの学習に陥らないよう注意が必要です。4年生のときと同様に、学習内容を整理しながら頭のポケットの中に入れていきましょう。整理された知識は理科の問題を解くうえでの貴重な道具になり、6年生になってからの得点力を左右します。理科の学習で最も重要な「目で見て、耳で聞いて、肌で感じ取る」学習ができないままに暗記型の学習に陥ってしまわないように、黒板授業では身近な事象への関心や、興味を引くテーマを扱っていくようにしています。また、「理科コアプラス」という副教材を使用し、反復練習を積み重ね、確かな知識力を身につけられるようになっています。受験学年の6年生に向けて、基礎力を充実させる重要な学年になります。多くの単元を学習していきますので、単元や分野の枠を超えた関連性も意識しながら、一つひとつの内容・問題をていねいに学習していきましょう。

社会 (指導方針・使用教材)

地理の完成をめざすとともに、歴史の学習をスタートさせる。

使用教材 デイリーサピックス、社会コアプラス

入試問題の3本柱の一つである地理分野を夏期講習終了時までに完全に習得することと、もう一つの柱である歴史分野の学習を9月から始めるという点で、極めて大事な時期です。3年生からすでに地理の学習を始めていますが、地方ごとに重要地名、気候、産業、都道府県ごとの特色などをしっかりとまとめ、地理分野の総仕上げをする時期です。5年生では特に、各地域の地形や気候などの特色と産業とのつながりについて理解を深めていきます。地図帳を開いて確認しながら、知識を確実なものにしていくとともに、さまざまな用語・地名などについては、受験を意識して漢字で書けるようにすることが大切です。また、夏休み以降に始まる歴史分野の学習は、5年終了時までに入試の出題範囲を一通り履修します。事件や人物名など難しい語句が数多く出てきますが、因果関係を一つひとつていねいにたどりながら、マスターしていきます。時代が進めば覚えることも増えてきますが、この時期に十分学習しておけば、6年生の受験勉強にも余裕が出てくるでしょう。

時間割(5年生)

時間割の例

算数
国語
理科
社会
週3日(90分×2コマ/日)
コマ 時間 月曜日 水曜日 金曜日
1コマ目 17:00〜18:30 算数A 国語A 理科
2コマ目 18:30〜20:00 算数B 国語B 社会
  • コースにより時間割は異なります。
算数
国語
理科
特算
週3日(90分×2コマ/日)
社会
週1日(90分×1コマ/日)
コマ 時間 月曜日 水曜日 金曜日 火曜日 または 木曜日 または 土曜日
1コマ目 17:15〜18:45 算数A 国語A 理科 社会 ※社会は選択者のみ 火曜日 または 木曜日
18:45〜20:15
土曜日
16:30~18:00
2コマ目 18:45〜20:15 算数B 国語B 特算
  • コースにより時間割は異なります。
  • 校舎により、社会の授業曜日・時間帯は異なります。

学習の流れ(5年生)

1

学力の定着

授業と家庭での復習により学力を定着

算数
国語
理科
社会

2

学力の確認

テストで学力を確認

算数
国語
理科
社会

3

フィードバック

テストの結果を日々の学習方針に反映

算数
国語
理科
社会
授業
  • 討論形式の黒板授業
  • デイリーチェック(小テスト)の実施
  • デイリーサピックス(基本教材)の使用
家庭学習
  • デイリーサピックスで授業の復習
  • 「基礎力トレーニング」等の補助教材で基礎力の養成
テスト

年間スケジュール(5年生)

お子さまのスケジュール

保護者さまのスケジュール

2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
  • 年度により変更する場合があります。