6年生のカリキュラム

入試に打ち克つ本物の学力・精神力を養う。

6年生では、合格をめざして、子どもたちの学力・個性・志望校に合わせた「学力別」「志望校別」のクラス編成で授業を進めていきます。基礎、応用、発展のさまざまな問題を何度も繰り返しながら、効果的に実力をアップさせます。また、「デイリーサピックス」などを用いた平常授業とは別に週1日「土曜志望校別特訓」を実施。さらに9月以降に「難関校SS(サンデーサピックス)特訓」が加わることで、年間を通して、実力のピークを入試当日に合わせた特訓カリキュラムが組まれています。その一方で、各種の模試によって志望校への合格可能性を探ると同時に、学力面でも精神面でも入試という試練に打ち克つ本当の実戦力を養います。

教科別の指導方針・使用教材(6年生)

算数 (指導方針・使用教材)

全分野を繰り返し学習し、実際の入試に近い形で問題に取り組む。

使用教材 デイリーサピックス、デイリーサポート、ウィークリーサピックス、サンデーサピックス、基礎力トレーニング、基礎力定着テスト

6年生になると、プリント教材での授業が多くなります。それは、実際の入試の形式に近い形で問題に取り組んだほうが、実戦力が身につくからです。平常授業では、できるだけ幅広い範囲を学習しますが、土曜志望校別特訓では、入試の傾向に合わせた問題演習と解説が中心になります。実際の入試問題やオリジナルの予想問題など、いろいろな分野の問題を多くこなすことで受験に必要な解法を習得し、使いこなすための学習を徹底的に積み重ねていきます。受験に必須の能力である問題処理能力と正確さを毎回の授業の中で養成します。授業のカリキュラムは、復習主義の指導方針によってすべての学年でらせん状の構成になっています。6年生の1年間の中でも、各分野を繰り返し何度も学習しますので、不得意分野はそのたびにしっかりと勉強して、少しずつ克服できるように工夫してあります。

国語 (指導方針・使用教材)

長文に慣れることを通じて、入試で求められる読解力を身につける。

使用教材 デイリーサピックス、ウィークリーサピックス、サンデーサピックス

6年生では入試問題のレベルを意識し、かなり高度な文章を取り扱うようになります。論理的文章では、人生論や社会批評的な文章、環境問題などの現代的なテーマの文章も扱われます。6年生の授業は、A授業とB授業、さらに志望校別特訓とに分かれています。A授業では、漢字・文法など言葉の知識を再確認しながら、着実に語いを増やしていきます。また、比較的短い文章の読解を通して、実戦的なテクニックも身につけていきます。B授業では、約5,000~6,000字もあるような長文が各回の授業の題材になります。このような長文を日頃から読みこなすことを通じて、入試で求められる読解力が身につけられるのです。講師は各回の文章を通じて、他の文章に取り組む際にも役立つような「読み取り方」「記述の仕方」を指導します。さらに授業中に講師がノートを添削して適切なアドバイスを行い、4・5年生と同様、「サピックスてんさく教室」も定期的に実施します。志望校別特訓は、演習形式で進んでいきます。さまざまな出題形式での演習を通じて、あらゆるタイプの入試問題に対応できる得点力を育てていきます。

理科 (指導方針・使用教材)

基礎力の充実と発展とともに、効果的な実戦力アップをめざす。

使用教材 デイリーサピックス、ウィークリーサピックス、サンデーサピックス、理科コアプラス

6年生では、5年生までに学習した一通りの基礎知識をもとに、1学期および夏休みを通じて、基礎力の充実と発展をめざし、9月以降のより実戦的な学習に備えます。てこ・かっ車などの間違えやすい単元、理解しにくい電流の概念、気体・水溶液などの単元など、入試で最も出題されやすい単元により多くの時間をかけます。また、最近の入試問題の傾向の一つである「実験・観察」に関する問題も数多く演習していきます。教材は三つの部分から構成され、「授業の確認」で基礎学力の定着度を確認し、「問題演習」で入試での頻出問題にふれ、「発展問題」で超難関校の入試問題に匹敵する問題を解くことで、効果的な実戦力アップに努めます。

社会 (指導方針・使用教材)

積み重ねた知識をもとに横断的に問題を捉え、理解を深める。

使用教材 デイリーサピックス、ウィークリーサピックス、サンデーサピックス、社会コアプラス

夏休み前までに入試に必要な学習分野をすべて履修し、その後は入試本番に向けて実戦演習を繰り返していきます。地理分野では日本の産業の特色や問題点、歴史分野では政治・外交・文化の流れを確認しながら、重要年代・事件・人名を整理し、公民分野では憲法の内容や国際社会などを夏休みが終わるまでに一通り学習します。そして最近よく出題される広範囲な時事的要素を含む公民分野の学習など、難関中学の新傾向の入試問題にも十分対応できるように配慮しています。近年の入試では図やグラフ・統計などを読み取り、分析することが求められたり、複数の分野にまたがるようなテーマが問われたりする問題が数多く出題されます。そのため、今まで縦割りで学習してきたことを横断的に理解するような学習も、サピックスでは重要な学習として、教材やカリキュラムに取り入れています。特に難関中学が出題するような問題は、既存の参考書や問題集では扱いにくいものが多くなっています。サピックスでは常に講師があらゆる事象にアンテナを張り、最新のデータや話題を授業に取り入れることで子どもたちの理解を深める工夫をしています。

時間割(6年生)

平常授業時間割の例(※週3日の通塾日のうち2日は平常授業)

算数
国語
理科
社会
週2日(80分×3コマ/日)
コマ 時間 火曜日 木曜日
1コマ目 17:00〜18:20 算数A 国語A
2コマ目 18:20〜19:40 算数B 国語B
3コマ目 19:40〜21:00 理科 社会
  • コースにより時間割は異なります。
算数
国語
理科
特算
週2日(80分×3コマ/日)
社会
週1日(80分×1コマ+75分×1コマ/日)
コマ 時間 火曜日 木曜日 月曜日 または 水曜日 または 金曜日
1コマ目 17:15〜18:35 算数A 国語A 社会 ※社会は選択者のみ 17:15〜20:00
平常授業+土曜志望校別特訓
2コマ目 18:35〜19:55 算数B 国語B
3コマ目 19:55〜21:15 理科 特算
  • コースにより時間割は異なります。
  • 校舎により社会の授業曜日は異なります。

土曜志望校別特訓時間割の例(※週3日の通塾日のうち1日は志望校別特訓)

算数
国語
理科
社会
週1日(75分×4コマ/日)
コマ 時間 土曜日
1コマ目 14:00〜15:15 算数
2コマ目 15:15〜16:30 国語
3コマ目 16:30〜17:45 理科
4コマ目 17:45〜19:00 社会
  • コースにより時間割は異なります。
算数
国語
理科
特算
週1日(75分×4コマ/日)
コマ 時間 土曜日
1コマ目 15:00〜16:15 算数
2コマ目 16:15〜17:30 国語
3コマ目 17:30〜18:45 理科
4コマ目 18:45〜20:00 特算
  • コースにより時間割は異なります。

学習の流れ(6年生)

1

学力の定着

授業と家庭での復習により学力を定着

算数
国語
理科
社会

2

学力の確認

テストで学力を確認

算数
国語
理科
社会

3

フィードバック

テストの結果を日々の学習方針に反映

算数
国語
理科
社会
授業
  • 討論形式の黒板授業
  • デイリーチェック(小テスト)の実施
  • デイリーサピックス(基本教材)の使用
家庭学習
  • デイリーサピックスで授業の復習
  • 「基礎力トレーニング」等の補助教材で基礎力の養成
テスト

年間スケジュール(6年生)

お子さまのスケジュール

保護者さまのスケジュール

2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
  • 年度により変更する場合があります。